一時帰国ではありますが日本での(実家)生活。
1ヵ月を過ぎる前…いえ、お正月から心身苦しみだしていました…。
まぁ色々とある家でして…
それと案の定、昔と変わらず馬車馬のように下女のようにこき使わされたり
しんどい…。そして家の男連中にキレましたが。
それは語るに語れない沢山なことなので置いといて・・。

「日本暮らし」
ワタクシにはどうも…居心地が良いと感じられないことを痛感します。(特に実家だからか)
人や社会の空気なのか何なのか…息苦しいです。
おまけにいつだって悪天候で外出する気にもなれず引きこもりです。
専ら『NCIS』をseason1から観続けています。
今までseason3までしか(しかも途切れ途切れで)観てなかったのですが観るとこれがまた面白くってドハマりしてしまいました。


それと…
思いもしなかった結婚をして、思いもしなかった韓国に来て、
環境や考えを変えなくてはならないことや自分の中で認められないことに
ものすごく苦悩を抱え、心が折れてしまいそうになるような結婚1年目でした。
一年を過ぎようやくわずかに余裕が出来ていますが、未だに認められないことの数々に
夫にあたってギクシャクしたけれど、夫がどれだけ献身愛で良い人か痛感しております。
韓国という国や水原の街はどうにもならないけれど、
夫との家、夫との何気ない時間や会話がワタクシにとっての居心地の良い場所なのだと再確認しました。
祖母のための帰国ではありますが、「自分の居場所」を見つめ直しました。


私にとっての日本…。
やはりたまーーーーに短期で帰って来るだけのところで良いということも再々認識します…。
実は帰国してから日本なのに「日本」じゃないことの連続にも疲労…
正直、韓国と変わりません…それって韓国のレベルが上がったのか日本がそこまで落ちたのか…。
とにかく帰国するたびに「日本」が崩れていることを目の当たりにしています。



↓応援ポチお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海外二人暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



[PR]
# by mozzie-mozzie | 2015-01-30 22:06 | 日記

北海道で猛烈に発達した爆弾低気圧。

16日。もう一日・・いえ、あと6時間帰国が遅ければ

新千歳空港を目の前にして韓国に引き帰してたかもしれません。

初搭乗のt'way航空(TW251)。

LCCなのでちょっと構えてましたが只今絶賛問題中のKoreanAirなんか愚か(月とスッポン)、

同じLCCのJIN AIRよりも感じが良かったです。
(私個人的には札幌線のJIN AIRも悪くない)

それにしてもKorean Air・・ナショナル フラッグなのにLCCより対応悪いって…(笑)

仁川空港のTWチェックインカウンターもど真ん中にあるので遠くまで行かなくても良かったのです。

GATEは第2の端っこの端ですが…。それでも許せる。

さて、韓国は晴天ではありましたが北海道の低気圧が気になっておりました。

JRも止まっちゃうかな~~と姉から心配MSG。

フライトは順調。

定刻より1時間も早く着陸態勢に入ったのですが、地上は強風と雪でなかなか降りられず

50分ほど上空を旋回しておりました。

上空はこんなに穏やかなのにねぇ・・
c0343379_16133080.jpg
雲の切れ間をみつけて少しずつ降りた先が・・・↑

見たことないような山・山・山の景色。
c0343379_15490809.jpg
発達中の低気圧を避けつつ東に流れていくしかなかったのかもだけど。

このまま山肌に落ちるんじゃないかというくらい接近して方向旋回。

ようやく滑走路へ突入・・・

が、地上は更に強風&横殴りの雪がすごくて煽られっぱなし。

Landing直前ずっと大波のように左右に揺られている状態で

大破して死ぬ。
…と本気で思いましたよ。

着陸の衝撃に備え、乗客全員シートにしがみついて頭を下げていました。

ところが機長!!NICE LANDING!!!!!!!!!

あれだけ煽られ横揺れしながらも衝撃が普通くらいで驚きです。

ブレーキングのところで一斉に安堵と拍手が湧き感動しました~!

機長は韓国の方だったのですがフライト中も丁寧でユーモアあるアナウンスにとても運航が上手でした。

毎度思います。新千歳空港など雪国の地上員さんって大変だよなぁっ!!(泣)
c0343379_16463173.jpg
ご苦労様です~~~~~~

その後、わたわたと郵便局へ局留してあったWifi受取などして十勝ソフトクリーム食べながら設定。

北海道来ると絶対的にソフトクリームになってしまいました(笑)
c0343379_16231592.jpg
JRに乗り込んだは良い。

あいの里(北区)方面で貨物遅延があり、苫小牧方面で遮断機接触事故ありなど待ちぼうけが50分もあり…

実に疲労困憊な帰国の途でありました。

実家は実家で朝も早く、人数の多い朝昼晩のご飯の支度などで立ちっぱなし動きっぱなしで時間があまりありません…。

2人暮らしが一番良い。(切実)

夫は、毎日小言を言う人がいないので寂しがっています(笑)

独りで手洗いの洗濯している画やアロマ加湿をしてみるとか可愛かったなぁ。

女子力高い日頃の教育の成果でアレはどこコレはどこなんて面倒な質問もいちいち無いですし。

元々一人でちゃんと出来る人だから何も心配はしていないんですけどね。


↓応援ポチお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海外二人暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




[PR]
# by mozzie-mozzie | 2014-12-18 16:52 | 日記

先日、高倉健さん追悼番組で『幸福の黄色いハンカチ』を小学生以来に観ました。

当時、母は今の私と同じ35歳くらい。

地上波放送が始まる直前に「あ!これこれ!っもしろいんだよねぇっ!!」

と言ってテレビにかじりついてゲラッゲラに大笑いしていたのを思い出しました。

当時の私は極めて子供ですから笑いのツボが解らず…。

しかし。

28年後のワタクシはあの頃の母と同じようにゲラッゲラに大爆笑。

真面目な映画のはずなんですけどね・・母やワタクシにはもはや喜劇だったのです。

何がって武田鉄也が笑いの渦に突き落としたのです。
c0343379_21030922.jpg
↑皆でカニを食べた後、鉄也がカニに中ってしまってピー寸前なところ(笑)

母にしてみたら武田鉄也も桃井かおりも同世代なので、よりダイレクトだったかもしれません。

鉄也は我慢ならなくなって途中、酪農家さん宅へ猛ダッシュ。
c0343379_21075986.jpg
尻を押さえながらオタオタ・ヨロヨロ走って行く姿が死ぬほどおかしくてイスから落ちました。

c0343379_21103723.jpg
酪農のおとっつぁんも「トイレ?あっちだ。」ってまさしくという感じですし。

トイレ駆け込んで戻って来てもまたピー催してまたダッシュ。
c0343379_21125551.jpg
↑この時、乾燥した牛の糞につまづくという細かすぎ演出に大爆笑。

今の映画やドラマにこんなリアルで細かな演出って無いですよね~実に残念。

そしてこんな糞を体当たりできる若い俳優さんいないよね~誠につまらぬ。

おまけに「俺は脚が短けぇんだよ」と堂々と言うところとか。

今の若い俳優さんみんな線細くて、キレイキレイで、カッコつけすぎよね~

10年以上ぶりに大河ドラマ観て若手の役者さんに箔が無さすぎてガッカリもしました。
(バラエティや歌番組などに出すぎて役よりパーソナルキャラが強すぎと言うこともあり…)

制作費の問題もあるのでしょうけど大河ってこんなもんでしたっけ?みたいな。

その後、車内で健さんと桃井かおりが待っていると道路の邪魔くさいところに駐車していたのでトラクターが通れず、無免許のかおりがどかすことに。
c0343379_21175504.jpg
が、牧草地へ暴走。

ピーから戻ってきた鉄也も驚いて一目散に追いかける。

乾草に突っ込んで止まった・・・。乾草の山がなければその先の沢に落ちていただろう…(笑)

鉄也はほぼ全財産はたいて買ったマツダのファミリアをこんな目に遭わされてキレました。

その言いぐさもおかしいのです。

そして桃井かおりは「あんたがウンコなんか行くからでしょ~」(号泣)
c0343379_21243215.jpg
実にダイレクトなウンコ発言に噴出しました。

今の脚本で、若い女優さんに「ウンコ」なんて言わす映画あるかしら?

無いですよね~

「あんたがトイレに行ってるからでしょ~」くらいになるでしょう。

健さんが鉄也に九州男児として説教しているところとか他にちょいちょい面白いところあるのですが

久々に邦画で大爆笑しました。

あの頃の母の気持ちがわかりました。笑いのツボが・・

あの時代の車が懐かしい・・窓にOKマークなんて(感)

昭和に戻って遊んでみたい。



↓応援ポチお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海外二人暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





[PR]
# by mozzie-mozzie | 2014-12-14 16:15 | 日記

ソコハカトなく映る、日々の「イイ」をみつけてみる・・ここスウォン市よりお届け中。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31